• 株式会社オネスト

  • 管理部 人事開発課 / 販売管理課
    / 生産管理課 課長
  • 堀田 一樹

2001年入社。入社後すぐに横浜営業所の立ち上げに参画し、2008年にはグループ内企業のサポートメンバーに抜擢される。2009年に名古屋へ戻り、2017年には営業局マーケティング部商品管理課課長に昇格。営業局のセールスパートナーとして売上を支えながら、管理業務の統括責任者に就任する。休日は中学生の息子のサッカークラブの送迎や練習相手など充実した日々を送っている。

業務の質をいかに向上させるか

 例えば販売管理課は商品の販売と代金の回収を管理することが業務となります。請求業務や回収業務が主ですが、顧客数が多いため正確にいかに効率よく情報を管理するかを考えなくてはいけません。

 管理部は「販売管理課」「人材開発課」「生産管理課」に分かれており、他の課と同様に、単純な作業の繰り返しではなく、効率や効果を考え業務の質をいかに向上するかを頭に置きながら仕事をすることが大切です。

 それぞれの課で役割が違いますが多くの部署に関わることができ、業務の幅が広いので学ぶことも沢山あります。それと同時に、部署やスタッフをサポートすることで感謝される事も沢山ありますので、やりがいを感じられます。

新しい管理部はスタッフと一緒に創っていく

 元々は営業事務だけの部署でしたが、2020年4月から管理部として新たにスタートします。まだ何も出来てはいませんが、管理部のテーマである「環境を整える。効率化して無駄を除く」をこの組織で進めていきたいと考えています。

 スタッフとは月に数回ミーティングを行い、目標達成のための計画や行動を明確にします。会社全体の目標や個人目標のこと、現在の問題点などを主に話します。ミーティングでは相談や確認をされる事が多いので判断を間違えないように気を付けています。たまには社内外の出来事も話し、コミュニケーション不足を解消させたりもしています。

 全く新しいスタートになるので0から始めるスタッフも多いのですが、今までやった事がないことにも挑戦するチャンスだと捉えてほしいと思います。私自身も販売管理や人事についてはスタッフと共に勉強していこうと思っています。

オネスト管理部に迎えたい人財とは

 この会社に入社するまでエクセルを使ったことが無い人、web作業をする人でもDreamweaverやPhotoshopを触ったことが無い人も何名かいます。たしかに経験や知識があった方が良いのですが、やはり努力することが一番大切だと思います。例え未経験の方でも、基本的なことは入社してから社内教育システムを使い勉強できるので安心して下さい。

 管理部には毎日誰かが頼って相談に来ます。断るのは簡単ですが仕事量の調整を取ってなるべく受けるようにしています。もちろんスタッフにも「自分が所属する部署や課でやる仕事ではない」と決めつける事はさせないようにしています。みんな忙しく仕事をしているのはわかっていますが、仕事をする範囲を決めてしまうことは成長に繋がりません。

 オネストの管理部には、物怖じせず沢山の部署やスタッフと仕事を進め、一人ひとりが「頼られる」スタッフになれるよう一緒に成長できる方を望んでいます。